SEO施策の基本!タイトルタグとメタディスクリプションとは?

あっこせんせい

こんにちは、シニア&超初心者向けブログ塾を運営しているあっこです。
滋賀県の琵琶湖のほとりで、毎日太陽が昇り沈む光景をみて暮らしてます

いつもサイトに訪問いただきありがとうございます。

このブログはシニアや超初心者が0→1万円を稼ぐための、優しい解説ブログです。
【レベル★】超初心者向け

この記事では、タイトルタグメタディスクリプションについて解説したいと思います。

ブログ初心者だと、 この記事では、タイトルタグメタディスクリプション ていったい何?いう相談を多くいただきます。

チュー太さん

横文字言葉よくわかりません、 タイトルタグメタディスクリプション そもそも意味????・・・
今日は タイトルタグメタディスクリプションを 正しく学びたいです。

この記事を読めばタイトルタグメタディスクリプションの設定方法が理解できます。

SEO対策の一つになるので、タイトルタグとメタディスクリプションはできるようにしましょう。

目次

SEO施策の基本!タイトルタグとメタディスクリプションとは?

タイトルタグとメタディスクリプションをしっかり記載できればSEO対策となることができます。

タイトルタグとメタディスクリプション について解説

最初にタイトルタグメタディスクリプションとは何なのかを解説していきます。

タイトルタグ ってなに?

まず、タイトルタグとはサイトやページの題名を言います。

検索結果に出てくるサイトのタイトルや記事のタイトルなどがタイトルタグとイメージするとわかりやすいと思います。

ただ、厳密に言えば、タイトルタグはHTMLタグと呼ばれるものの一種です。

このHTMLタグとは、内容がHTMLで作られた文章であることを示す印のようなものを指し、その点のみ理解しておきましょう。

ちなみにタイトルタグは、プログラミングのコードで言うと、HTMLの<head>内に記載され、<title>~</title>というタグで囲まれた部分がそのページのタイトルを表します。

例えば、

ここで記載された内容は、ブラウザのタブのタイトル部分に表示されたり、検索結果でページのタイトルという形で表示されます。

このほかにあらゆるシーンで表示され、ざっと紹介すると次の場面で利用されます。

サイトのタイトル
2・サイトやページをブックマークをした際のデフォルトの名称
3・SNS等でURLを共有した際のタイトル
4・ブラウザのタブに表示
5・検索エンジンの検索結果のタイトル

つまり、適切なタイトルタグを設定しておくことが重要。ということです。

チュー太さん

HTMLというコードをみて、SEOは何を表示させるか決めるということなんですね。

そういうことですね。通常ワードプレスのエディターH1タグやH2タグ、H3、H4というものがあり、これらを選択することで既にHTML指定ができていることになります。

その中でも、特にH1のタイトルタグを決めるのは、SEOにどう評価されるかということになるので非常に重要です

メタディスクリプション とは

次にメタディスクリプションは、一言で言えば、サイトの概要文・説明文です。

100〜120文字程度の文章でそのサイトやページの概要を紹介するために表示されます。

GoogleやYahoo!などの検索結果にスニペット(説明文)として表示されるため、アクセスを促すための重要なつかみの文章になるでしょう。

チュー太さん

確かに下に文章が書いてあれば、目につきますし読みたくなります。

メタディスクリプションは必ず設定しなければいけないものではありませんが、アクセス数を上げるためには、作成するのがおすすめです。

HTMLの記述方法は以下のように行います。

「<meta name=”description” content=”ここにメタディスクリプションのテキストを記述”>」

例えば、メタディスクリプションの内容を「これはテストの文章です。メタディスクリプションはサイトのつかみとなる重要な文章です。皆さんもどんどん書きましょう。」とすると、記述は次の通りです。

「<meta name=”description” content=”これはテストの文章です。メタディスクリプションはサイトのつかみとなる重要な文章です。皆さんもどんどん書きましょう。”>」

このように記述することで、検索結果に今触れた例文が表示される仕組みです。

チュー太さん

だんだん、わかってきました。

このようにタイトルタグは、サイトやページのタイトル、メタディスクリプションは、検索結果に表示されるサイトやページの説明文と理解できます。

SEOを意識したタイトルタグとメタディスクリプションの設定とは?

先ほど紹介したタイトルタグとメタディスクリプションの設定を工夫して、SEOを考慮した内容にしていきましょう。

ポイントは次の3つです。

① 目標とするキーワードを必ず入れる
② ページの内容が一目で分かるようにする
③ 表示される文字数を意識

これらについて触れていきましょう。

①目標とするキーワードを必ず入れる

タイトルタグとメタディスクリプションには、必ず目標とするキーワードを入れます。

タイトルにキーワードを入れる

例えば、「うどん」と「そば」を目標に入れたい場合は、タイトルタグに「うどんとそばのひみつ」というようにキーワードを入れます。

メタディスクリプション キーワードを入れる

また、メタディスクリプションにも「~~~~うどん~~~、~~そば~。」といいうような形の文章を入れていきましょう。

このようにキーワードを入れる理由として、検索エンジンに注目させる点が挙げられます。

これらの言葉を入れることで、検索した方が「うどん そば」と入れた場合、検索の上の順番に上がりやすくなるでしょう。

また、検索する人にとっても、自分が検索したキーワードがタイトルや概要文(メタディスクリプション)に入っていることでわかりやすくなり安心してアクセスしてくれます。

②ページの内容が一目で分かるようにする

メタディスクリプションやタイトルタグには、わかりやすい内容を選ぶことも重要です。

例えば、画像のような内容のようにシンプルでわかりやすい形にすることで、アクセスしてもらえるでしょう。

一方、先ほどのうどんとそばを利用した悪い例を紹介すると、

タイトルタグ「それはどんなものなのかうどん粉病と蕎麦(そば)かすとの相違とdifference」

ディスクリプション「時は元禄の時代に饂飩が誕生したといわれているが、実はうどんこ病は昭和のそばから来ていると個人的には思う・・・」

これらは極端な例ですが、まったく何を言っているのか分かりません。

特にディスクリプションの文章が自動作成した怪しい文章で、危険なサイトのような印象すら受けてしまいます。

これでは、検索にもかかりませんし、そもそもアクセスをする人は、ほとんどいないでしょう。

③表示される文字数を意識

タイトルタグは30文字前後メタディスクリプションは100文字程度を意識しましょう。

これらの文字数を超えた場合、検索上では途切れてしまうことがほとんどです。

もちろんスマホやパソコンによって表示が異なるので、これらの数字は目安ですが、文字数を意識すると見やすいものができます。

冒頭の数字は必ずしも必須というわけではありませんが、伝えたいこと、PRしたいことが途中で途切れるといったことがないようにしましょう。

また、タイトルタグの末尾にキーワードを入れると省略されがちなので、その点は特に意識が必要です。

SEO事例を紹介

最後にタイトルタグとメタディスクリプションを意識した事例を紹介します。

free株式会社:コンテンツのリライトで検索流入が7倍に

会計サービスのfree株式会社は、コンテンツの内容を改良することで、検索流入を7倍にしました。

具体的な施策の一つに、コンテンツのリライトを行ったことが挙げられます。

具体的には、 SEOコンテンツ1,000記事から事業に影響が大きい対象キーワードを狙える約500記事を選定し、最終的に優先度の高い記事を絞りました。

タイトルタグやメタディスクリプションを意識したリライトを施し、記事を改良することで内容を一新することに成功しています。

これは、同社が行った施策の一部ですが、キーワードを意識したことで、検索流入と呼ばれるアクセス数が大幅に増えたことは事実といえるでしょう。

2・株式会社スタディーハッカー

オウンドメディアのSEO設計で、自然検索流入数が350%、コンバージョン数500%アップ

教育産業のスタディーハッカーは、キーワードの選定方法、titleタグの設定ルール、メタディスクリプションをはじめとしたコンテンツの書き方といったインハウス運用ノウハウを共有したことでアクセス数の基準となる自然検索流入数と広告に興味を持ってもらったコンバージョンの数を大幅に増やしました。

こちらも、これら以外に多くのことを行い実績を増やしましたが、社員全員でタイトルタグやメタディスクリプションのルールを知っておくだけで、サイトの内容が一気に変わることを実証しています。

ちきゅう株式会社

サービスサイトへの自然検索流入を4000%アップにした

営業管理ツールと呼ばれるサービスを提供している同社では、自社のサービスサイトを展開していました。

しかし、十分なアクセス数が増えずに伸び悩んでいたのが当時の現状だったようです。

このような状態に対して、検索エンジンから正しく評価されるようタイトルタグやメタディスクリプションをチューニングするなどした結果、アクセス数を飛躍的に伸ばしたそうです。

一言で言えば、内容にこだわってはいるものの、タイトルタグやメタディスクリプションに注目していなかったのを今回紹介したような方法で解決したのです。

まとめ

タイトルタグとメタディスクリプションは、検索結果で表示されるタイトルや概要文などに利用されるものです。

この方法を工夫するだけで、アクセス数がアップする事例も多くあることから、今回紹介したポイントをもとに改善してみましょう。

チュー太さん

SEO対策にもなるし、読み手にとって読みたいと思うものになるということですね。

しっかり勉強できましたね

日本語教師のうめ先生の アフィリエイトクラブはこちらです。 あっこせんせいも3か月伴奏してご指導します!

さあ、一緒に始めましょう。

ご質問はお問い合わせからでも受け付けています。▼▼▼詳しくはこちらから

あわせて読みたい
シニアの超初心者でもアフィリエイトクラブで1万~100万稼ぐ講座でスキルアップ こんにちは、シニア&超初心者向けブログ塾を運営しているあっこです。滋賀県の琵琶湖のほとりで、毎日太陽が昇り沈む光景をみて暮らしてます いつもサイトに訪問いただ...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる